2015年9月30日水曜日

『Mさんの現状報告・・・2』

Mさんは自営で仕事を
されているので
不自由ながらも仕事を
回していかなければならないので忙しく
3週間ぶりくらいで
いらっしゃいました。

始めは歩き方に癖が
戻っていました。

それがちょっとした
アドバイスで改善していきます。

Mさんの再現力って
ホントにすばらしいなあと思います。

目標は人から見て
どちらが麻痺していたか
わからなくなるようにすることと
仕事の現場復帰です。


「今は”人に仕事を任す”ということを
修行しているのかもしれない・・・」


「現状ストレスを抱えながら
無理をしている人は
僕のように大変な目に合うので
休むか病院に行くか
保険に入って欲しい」と
力を込めておっしゃってました。



『山下 白州さんの奇跡の復活への道のり・・・2』

パーキンソン病からの復活を目指している
山下さんが自宅での練習風景を
you tubeにアップされました。


ご自身のコメント
パーキンソン病の克服のためのリハビリの様子です。
車イス歩行を始めた頃は、足に力が入らず、
3メートル進むのに必死でしたが
今は、80メートル位は進めるようになりました。
だんだんと筋力がついてきたのでしょう。
完全復活が出来る日を目指して。!


こちらからどうぞ↓
https://youtu.be/SOjIqLIypSk

2015年9月25日金曜日

『マー君の無限の可能性・・・2』

ちこり村内の売店で買い物
マー君が奇跡の復活研究所
来たのはこの日で2回目。

今日もマー君の車いすから
普通の車いすへ移動します。

先回は大人が二人掛かりで
マー君を立たせて
移乗しました。

ところがこの日は
「ここに足を置いてね。
体を起こしたら手摺につかまって・・・」

と言ってる間に
マー君は自分で立ってしまいました。

もちろんまだまっすぐには
立てませんが
自分で立とうとして立ったのです。

マー君が誰の力も借りずに立てたことは
計り知れない大きな意味があります。

マー君のこれからの人生に今まで考えられなかった
無限の可能性の扉を開いた
瞬間なのです!

その場にいたもの全員が
拍手していました。

一人の青年が大きな大きな
未来に向けて記念の一歩を
記した瞬間に立ち会うことができたのです。

全員マー君への祝福の笑顔で
一杯でした。

マー君も何度も立つことに
挑戦して立つことができたことの
喜びをかみしめているようでした。

マー君のおかげで幸せな一日に
なりました。

マー君本当にありがとう!

午後は車いすで歩くための
足のまねきの練習を
おじいさんも一緒に行いました。

まだ自分で足を動かして
車イスを進めることは
出来ませんが
いつか必ずその日が来るでしょう。

私たちも一緒に頑張りますので
みなさん応援してください。

マー君は生後5か月目におきた
脳出血で左片麻痺です。

そのハンディを乗り越えなければなりません。

20年の長きに渡る
苦境にも関わらず
明るく素直な青年に成長しました。

マー君は私たちに生きる勇気を
与えているのです。

全国の不自由な子供たちの
希望の星になるのです。

マー君、みんなも一緒に
がんばるからね!









2015年9月23日水曜日

『脳卒中は神様からのプレゼント』

以前から堀尾は
脳卒中神様からの
プレゼントだよ
と言っては

脳卒中になった方の目を
まん丸くさせていましたが
他にも脳卒中になったおかげで
プレゼントをもらったとおっしゃっている
方がいましたよ!

神奈川県からいらしたNさんです。

脳卒中になったおかげで
人の優しさ触れたり
食べ物を食べられる感謝湧いたり
命の尊さ教えられたり
信頼できる同病得たり
したそうです。

また、もともと仲のよい夫婦だった
ちこり村内を探検
そうですが
より一層絆が深まったとのこと。





Nさんは元来明るい性格で
病院でのリハビリにも
”ど”根性で取り組み
やり過ぎでドクターストップが
かかったほどだそうです。

そのおかげで装具と杖をついて
歩けるようになり
今の現状のなかで最大限
人生を楽しんでおられました。

しかし、堀尾と出会い
元のように歩けるという可能性
出会いました。

「今までもとにもどるなんて
考えたことありませんでした」

「自分が装具なしで歩けるようになって
他の人にもこの方法を伝えたいです」

とっても意欲のある方なので
今後が楽しみです。

神奈川の方なので
しょっちゅうは来れないですが
車イスでの足運びが上達したら
また見せに来てくださるそうです。







2015年9月19日土曜日

『山下 白州さんの奇跡の復活への道のり』

先日奇跡の復活研究所にいらした
山下 白州さは賞状書士という
仕事をされています。

驚いたことにパーキンソンが発症した
38歳から独学で書を勉強し
資格を取られたとの事。

「70歳の自分を想像した時に
何もないことに愕然とし
何か自分にも才能があるのでは
ないか・・・」と探してみたところ
もしかしたら、書が好きかもしれない・・・
と思いつき始められたそうです。

子どもの頃習っていたわけでも
ないそうです。



これだけでも
相当すごいことです!

しかし、山下さんはこれから
新たな挑戦を始めます。

パーキンソンの症状の完全復活です

これを成し遂げて
苦しんでいる方たちの
希望の星になる!


ということで
この日は足の運びについて
お教えしました。

足の筋力が落ちているので
3メートル行くだけでも
顔をしかめて苦しそうです。


これを家でも練習してもらいました。

すると、次の日の電話では
30メートル進めた!とのことでした。



車いすで足の招きをきちんと覚えて
筋力を付けたら
正しい歩き方の練習に入っていきます。

どんなふうになっていくか楽しみですね・・・


山下 白州さんご自身が作られた
you tube動画はこちらから
パーキンソン病の克服への歩み3
https://youtu.be/3olb0wnS70s

2015年9月17日木曜日

『パーキンソン病の症状改善』

奇跡の復活研究所
脳卒中の麻痺からの
完全復活を目指す場として
始まったのですが
堀尾は
パーキンソン病も
もともとの原因は脳の血管障害による
ものではないかと仮説を立て
震えの止め方をお教えしたところ
何人かあたったみなさんが
数時間の運動で改善が
見られました。

震えだけでなく
杖をつかなければ歩けなかった方が
杖なしですたすたと歩けるようにも
なりました。

そこでこの方法はパーキンソン病の
症状改善に効果があると自信をもち
さっそく”パーキンソン友の会”の
代表の方に電話をしました。

しかし、”治ったなんていうのは
パーキンソンじゃない!
あなた、パーキンソンってわかってますか!!”
ガチャン!
電話を切られてしまいました。


何件かあたってみると
やっと話を聞いてくださるかたに
つながりました。
岐阜県のパーキンソン友の会の代表の方です。

「是非実証実験をしたい」と申しでると
恵那・中津川地区にも役員がいるので
連絡先を教えます。と言っていただけました。

そこで恵那に住む山下さんに電話を入れました。

しかし、山下さんはちょっと警戒された様子。
「今日は体調が悪いので会えない」と
言われてしまいました。

山下さんはその後インターネットで
奇跡の復活研究所について調べ
この人なら大丈夫だと確信され
次の日にいらっしゃいました。

脳卒中の麻痺とパーキンソンの
原因の違いを説明し
早速試しに運動をしてもらいました。

”右手に震えがある”とおっしゃって
いましたが簡単な運動で
すぐに止まりました。
すると今まで震えてなかった
左手が動きだしました。
腕を上下に動かす時に
震えが大きいようなら
うちでやるときは奥さんに
こうやって軽く触れてもらって
くださいね
腕をゆっくり動かすことによって
脳に正しい筋肉の動きを
教えます。
数回動かしただけで
震えがほとんどなくなりました。

これをご自身で時間をはさんで
何度も脳に教え込むことを
していただきます。

こちらでは方法をお教えするだけで
やるのは自分です。

山下さんも
「これなら簡単なので
自分でもやれます!
方法さえわかればこっちのものです!」

「いや~こんな話初めて聞きました。
これはみなさんに広げたいですね。
you tubeにアップします」
you tube2


山下さんは希望を見つけられ
明るい表情で帰って行かれました。

2015年9月15日火曜日

『ご見学』

地元の理学療法士さんが
車いすで漕ぐ体験をしていただく
見学にいらっしゃいました。

図書館で『奇跡の復活』
見つけたそうです。

以前に堀尾の活動が
地元紙の一面で
紹介された記事も目にして
いらしたそうですが
その時は
「変わった人がいるなあ」
くらいにしか思わなかったそうです。

しかし、本を読んで興味がわき
見学させて欲しいとお電話を
いただきました。

本に書いてあるリハビリ法を
詳しく聞いていかれました。

「堀尾さんの発想力がすばらしいですね」

と感心した様子で訓練終了後も
話は尽きず 私は失礼した後も
帰りかけた駐車場で暗くなるまで
話を聞いていかれたそうです。

こうしてリハビリの現場の方が
この方法を取り入れてくださって
早期に麻痺が治っていく
世の中になったらいいなあ。と
思います。

方法は簡単です。

今までの既成概念を取り払うだけなのです!
受け入れた方から
新たな人生が始まっています。



『幸せのおすそ分け』

昨日マー君のおばあちゃんのSさんから
電話をいただきました。

「うれしいことがあったので
お伝えしたくて!」

マー自分で靴を履く
言いだしたんです

今までは体がぐらぐらしてしまうから
デイサービスのお迎えの方と
二人掛かりで靴を履かせていた
そうですが
自分で座っていることができ
お迎えの方が来たときには
靴を履いてしまっていた。とのこと。

これにはデイサービスの方も
びっくり!


ちいさな子供が
何でも「自分でやる!」
と言う時期がありますが
マー君も自分の可能性に気が付き
これからどんどん「自分でやる!!」と
なっていくのではないでしょうか・・・


Sさんの歓びをお裾分けしてくださる
お気持ちにも感謝です!

2015年9月14日月曜日

『練習しなくても・・・を改め、がんばるマン登場!』


『練習しなくても・・・2』で手摺から両手を離し
ピースサインをしたTさんの写真を
載せたのですが
あれは隣から抱えられているのでは・・・
との物言いがついたTさん

今度は完全に自分で立って
できた!!
男を見せるとがんばるマンに変身され
何度もふらつく体と重力に抵抗しながら
ついに一人で立てました!

健康な人にはこの大変さが
わかりにくいと思いますが
自転車の補助輪を外す練習の時の
「あっ!」ていう感じです。

もし、これができなければ
居残りをしてでもやる。とおっしゃって
ましたが、終了時間の16時少し前に
とうとうやり遂げたのです。

いらした時は
「今日はだるくて調子が出ない・・・」
とおっしゃっていたのに
あきらめずにがんばりました!

Tさんはいつも周りの方に
「大丈夫、大丈夫」
と励ましていたので
”だいじょうぶマン”と呼ばれてた
そうですが
今日からはがんばるマンです。

帰り際には
「これからは家で練習したら
回数をカレンダーに記入しよう」と
奥様にお話しされてました。



Tさんの目標は
12月29日のご自身の誕生日までに
歩けるようになる。というものでしたが
なんと!リスマスまで繰り上げる
宣言されたのです!!

「それブログに載せてもいいですか?」と

伺うと
「いいよ」と言われました。

みなさん、楽しみにして
見守ってあげてくださいね!

2015年9月13日日曜日

『重度障害マー君の無限の可能性』

この日から新たに
マー君が仲間入りしました。
特注の車いすに乗るマー君

マー君は超未熟児で誕生し
命は一週間持つか・・・
助かっても一生障害が残るでしょう・・・
と言われていました。

生まれて数か月後には
脳出血や脳水頭症も
患いました。

そのマー君がたくさんの人の
愛に支えられ20歳になり
奇跡の復活研究所
出会われたのです。

堀尾はそんなマー君に
「僕から見てマー君が歩けないという
条件が見つからない」といって
マー君と3年間関わらせて欲しいと
申し出ました。

前日にお宅にお邪魔した際には
にこにこと笑顔を見せてくれるものの
おとなしい印象でしたが
この日ちこり村に到着すると
特注の車椅子に乗せてもらい
玄関先の五平餅を売っているかたに
大きな声で「おはようございます!」
とあいさつしていました。

今日はまずこの場に慣れてもらって
自分で手摺につかまり車いすを乗り換える
車いすの訓練をすることで
歩けるようになることを知ってもらう。
車いすの訓練は楽しい!ということを
感じてもらうのが目的でした。

マー君の車いすは片手でタイヤを
回せば両輪が同時に動く仕様のものなので
普通の車いすに移動してもらいました。

付き添われた祖父母であるSさん夫婦は
自分で立とうとするマー君がみられた
だけでもうれしそうです。

しかし、普通の車いすに移乗すると
マー君の細い足はぴんぴんに伸び
車椅子を漕ぐどころではありません。

これは前途多難、車椅子改造の
話まで出ましたが

「マー君足曲げてごらん」というと

両足一緒に一生懸命足を曲げます。
ぴんぴんに伸びた足

すると、ちゃんと足が床に着くでは
ないですか!

この後何度も足を曲げたり伸ばしたりが
できました。

これにはSさんご夫婦も信じられない!
といったご様子でした。

昨日までマー君の足は
胴体から伸びている体の一部と
いう感じで自宅では
匍匐前進のようにして移動していたのが
今日は歩くことを期待された
機能を持った”足”に見えました。

それに今まで車いすから
倒れないように全身
固定していたのが
全く固定しなくても3時間ぐらい
過ごすことができ
これにもSさん夫婦はよろこんで
いらっしゃいました。

この日マー君に何か教えたわけでは
足が床にペタンと着く
ありません。

マー君は”重度の障害で歩くことが
困難な子”という見方から
”無限の可能性を秘めた青年”という
見方に変えただけなのです。

これからマー君の成長を
みんなで見守っていきましょう・・・






2015年9月10日木曜日

『自分を信じる』

言葉の訓練
今日から新たに仲間が
増えました。

愛知県安城市からいらした
Aさんです。

今年の2月に脳梗塞になり
約一か月前にリハビリ病院を
退院されました。

かなり努力されたのでしょう。
麻痺は右手に少しと
口元に少し残る程度です。

ご家族はよくなった。と
感じていらっしゃいましたが
ご本人は全く実感できず
浮かない表情です・・・


来月の16日~今までの職場に
復職が決まっているので
それまでに 今の状態より
よくなりたい。とのことでした。

今度の職場はパソコンを使う
仕事だそうです。



午前中は右手の訓練から始めました。

ご覧の通り元から
だいぶ手のひらが開く状態です。
右の麻痺した手で左手を握る

でも、指を一本ずつ動かすことができない。
とのことでした。

まずは一本ずつ動かすことは
置いておいて
今日は指を全体に動かす
訓練をしました。










 
訓練後の動画
薬指と小指がほぼ机に触るくらい
開くようになり 親指も少し開くようになりました。


ご本人曰く
”根気がないほう”だそうですが
2時間弱で今日の成果がでました。

ご自身でも少し良くなったことを
実感された様子でした。


終り際
堀尾が
「麻痺が改善して元のような
自分に戻れた時はいままで当たり前すぎて
ちこり村内に飾ってあった言葉
「どきっ」としますね
何とも思わなかったものにも感謝が湧いてきて
脳卒中になったおかげで今の自分がある。
と思える日がきますよ~」

というと

Aさんは目を丸くして
ホントかな・・・?という表情を
浮かべていらっしゃいました。

私は
「堀尾さんを信じるんじゃないですよ。
自分はやれるということを信じてくださいね」
とお伝えしました。


だれでも”元のような体に戻りたい”

と思うことはできます。
方法も簡単です。でも

誰かに頼るのではなく
自分はできる”と100
信じて できるまでやり通すことが
一番難しいことだなあ・・・と
感じています・・・

そのお手伝いが少しでもできたら
いいなあ。と思っています。


2015年9月7日月曜日

堀尾 憲市著『奇跡の復活』より  第1章”突然の一大事”

ある日突然、私は倒れてしまいました。

前触れらしきものもあったのですが
その時はまさか3~4時間後に人生最大の
危機がわが身を襲うなど、想像だにできず
テレビを見ながら寝てしまいました。

深夜、トイレに行きたくなり
立ち上がろうとしたら体が動きません。
もがけども、もがけども
すぐ近くのドアが果てしなく遠く
右の手だけが虚しく空を切るだけです。
苦しいこともありません。
痛いところもありません。
ただ体の自由が利きません。
気分が悪いわけでもないのに
何度も嘔吐します。

我が身の一大事。
これは脳卒中に違いない。
私は大声で隣の部屋にいる
息子の名を呼びました。


この大声が出たことが
私の命を救うことになりました。
私の場合は喋ることも
大きな声で呼ぶこともできたのです。
声に気付いた息子が要請した救急車で
私は隣町の市民病院神経外科へと
搬送されることになりました。
まさか自分が救急車で運ばれる事態が
発生するなど
想像したこともありませんでした・・・

2015年9月4日金曜日

『奇跡のリンゴとの共通点』

数年前
木村 秋則さんの「奇跡のリンゴ」
という本が話題になり映画化
されました。

リンゴ農家さんの
無農薬リンゴ栽培するのは
絶対不可能という
常識に挑戦し続け
周囲の白い目や
経済的窮地にも耐え
ひとつの真理に目覚めました。


その生物本来もっている力を信じてやれば
 人間が農薬肥料与えなくとも
ちゃんと成長実を結ぶ”


これって今のリハビリ業界の
常識とも共通するなあ。と
思いました。

脳卒中なり麻痺した手足
元には戻らない(中には
戻る方もあります)

麻痺して6ヶ月経過すると
それ以上向上期待できない・・・

機械や注射や最新技術によってリハビリをする・・・

麻痺した足には装具を付け杖をついて歩く

そんなことが常識になっているようです。





堀尾式のリハビリは
人間本来持っている
信じていることが
ベースあります。

だから方法は全くシンプルで
”こんなことかあ~”
ということです。
(状況の違う方に的確なアドバスを
するのは難しいことですが・・・)

その具体的な方法は
堀尾 憲市著『奇跡の復活』
本人の体験を通じて書いてあります。

ですからその方法をまねして
取り組めば誰でもできるはずです。

でも、そんな簡単な方法なのに
出来ないのはなぜでしょう・・・

この方法でやればよくなる
わかってもそれを継続することができない

少し改善してもある時点で壁ぶつかり
前に進めない

気持ちがふさぎこんでやる気が起こってこない

そもそもこんなことで良くなるのか
信用できない

他の人が良くなれたとしても
自分は当てはまらないのではないか・・・

いろいろな感情が湧いてきて
一人ではなかなかやりきることが
できないのです。

そんな方のために
「奇跡の復活研究所」を
岐阜県中津川市のちこり村内にて

堀尾の指導の下
ご自身で訓練する場を用意しています。

麻痺を回復させた本人から
直接方法を学ぶだけでなく
堀尾のこれまでの生き方や経験
考え方に触れることで
ご自身の人生への向き合い方にまで
影響が及んでいくことでしょう。

また、同じ境遇の方たちと
仲間意識も芽生え
あるときは励ましあい
あるときはライバルとして
切磋琢磨していくことができます。

付き添いの方同志も
同じ悩みを持った方と
お話しするだけでも
気持ちが楽になるようです。

一人でお悩みでしたら
お気軽にお電話ください。


堀尾携帯090-3309-2352
FAX0573-32-1274




2015年9月2日水曜日

『Mさんの現状報告』

今日はMさんの成果を
見学に行ってきました。

今日で週1回ペースの7回目です。

もちろん自宅でも
練習されています。




最初いらした時は膝が1センチ
位しか前に出なかったのに
こんなにももが上がるようになって
びっくりしてしまいました!

Mさんは堀尾の書いた
『奇跡の復活』を読み
これなら自分も歩けるように
なるかも・・・と直感し
堀尾の言葉を信じ
前向きに取り組んできました。

お話ししていても
絶対仕事に復帰したい。
自分は必ず歩けるようになる。ということを
確信しているというのが
伝わってきます。

『歩きたいという気持ち』

『正しい方法』

『自分で治すという信念』

この三つがそろった時
奇跡が起こるようです。

いや、奇跡でもなんでもなく
人間の潜在的な力が
発揮されるのでしょう・・・





では、もも上げを
横から見た映像です。




最後は歩いているところ




2015年9月1日火曜日

『2か月の成果』

豊田から7月は週4回
8月は週2回
奇跡の復活研究所に通われた
Hさん。

倒れてから9年間
奥様と二人三脚で麻痺の回復に
取り組まれてきました。

ありとあらゆる可能性のあるものに
挑戦し
費やした費用は家が買えそうなほどだとか。

その甲斐あって
こちらに最初いらした際はすでに
言語や手の麻痺は
ほとんど回復されていました。

しかし、足は思うように回復せず
装具と杖を相棒にして
歩いていらっしゃいました。

Hさんは堀尾の体験に
希望を見出し
本当にもくもくと訓練に
取り組んでいらっしゃいました。

もちろんご自宅でも
自主練習をされていました。

この2か月取り組んだ成果を
ご覧ください。
慎重に一歩ずつ
歩んでいらっしゃいます。

装具は付けていません。


9年経っても
可能性ってあるんですね。

あきらめる必要はないんですね。

あとは反復練習なので
ご自宅で奥様と一緒に
取り組んでいきます。との
ことでしたので
この日で卒業されていきました。
右から時計回りにHさん夫妻
神奈川から体験にいらしたYさん、Sさん、
堀尾


3か月は試してみるお気持ちで
通われ出したのですが
1か月も早く
ご自身でも取り組める自信が
できたようです。

Hさんの温泉の大浴場に入る
という夢が叶う日が
待ち遠しいです^^

報告お待ちしています!