2015年5月31日日曜日

脳卒中の麻痺からのリハビリ教室        『機会損失』

最近、続けて2度ほど「機会損失」という
言葉に出会いました。


そして、我々がなんらかの理由で
この新しい発想のリハビリを
人に伝えなかったとすれば
それは 麻痺で苦しんでいる
方たちにとっての
「機会損失」になるのでは
ないか・・・と感じています。


先日TVで
筋萎縮性側索硬化症(ALS)になったことを
発表された方がいました。

ALSも脳卒中もパーキンソンも病気の構造は
同じではないかと考えている堀尾は
さっそくその方の事務所に電話して
こういうリハビリがあるから
是非本人に伝えて欲しい。と
いったそうです。

しかし、その方からの連絡は
ありませんでした。
ご本人に伝わっているかも
わかりません。


普段から町を歩いていても
不自由な方がいると
知らないひとでも声を掛けて
改善する方法を説明したり

リハビリにくる気持ちになっていない人の
家族のおうちまでいって
こういう方法があるから
是非本人に一度リハビリにきてもらって
ください。と説明に何度も足を
運んでいるのを見て
私は、相手に不信感を持たせるし
やり過ぎではないか・・・と
感じていました。

そのことをぶつけてみると

「これは治ったものの使命だ!
自分だけ治って
よかった、よかった!では
済まされない
相手におせっかいに思われたり
不信に思われるることを懸念して
治る方法があるのに伝えない
なんてことはあってはならない!」

と語意を強めて言われました。

相手が受け取るかは
その人次第。

我々は一度はこういう方法が『ある』
ということを伝えることが大事だと
感じました。


私もこのブログを通じて
麻痺で苦しみながらも
人生を取戻したいと願い
その方法を探し求めている方に
繋がるよう
情報を発信していきたいと
思います。



2015年5月28日木曜日

脳卒中の麻痺からのリハビリ教室  『家族の力』

もくもくと車いすでの
訓練に取り組んでいるのは
愛知県で漁師をされているKさんです。

Kさんは、地元に大好きな奥さんと
まだ幼い子供達をを残し
お母さんにサポートしてもらいながら
恵那市内にアパートを借りて
ちこり村でのリハビリに通われています。


先日、Kさんに聞いてみました。

「リハビリ病院での訓練ですでに
装具を付ければ
歩けたのに、
どうして
こんな大変な思いをしてまで
ここで治そうを思ったんですか?」


「自分ひとりだったらやらなかったと
思うけど、妻も子供も両親もいるから
やるんです!」

「今までやっていたことが
全部できるようになりたい!」


と答えてくれました。


誰かのために頑張る力って
すごいですね!

2015年5月24日日曜日

脳卒中の麻痺からのリハビリ教室 『0点の答案用紙』

いつも100点を採ってくるあなたの
お子さんが
何らかの事情である日突然「0点」を
採ってきました。

その子はとっても落ち込みましたが
ものすごい努力をして
次のテストでは「20点」の答案用紙を
持ち帰りました。

その時、親として何と声を掛けたら
その子は次も頑張れるでしょうか・・・??


毎日、もくもくと努力する姿を
見ていたあなたは
きっと
「よくがんばったねえ!!」と
声をかけるでしょう・・・


すると、この子は
また、やる気を出して頑張れるはずです。


脳卒中になって
倒れた方の脳の一部は
0歳児の赤ちゃんの脳です。

以前は何も意識しなくても
簡単に歩くことも
話すこともできたでしょうが
今は0からのスタート。

自身を鏡でみれば
かわいげのない
大人の姿でしょうが
脳はまだまだ
赤ちゃんの状態なので

細かいところを指摘して
「こんなこともできないのか!」

「まだこれだけしかできないのか!」

と自分の脳をいじめないでください。

懸命にがんばっているので
認めてほめてやりましょう。

そうすると
次も喜んで
あなたの期待に応えてくれますよ^^


2015年5月18日月曜日

脳卒中の麻痺からのリハビリ教室 『青森から弟子希望!?』

 先日
アマゾンから
堀尾著「奇跡の復活」http://www.amazon.co.jp/奇跡の復活-脳卒中麻痺からの生還-堀尾憲市/dp/4885218942
青森から注文があったと連絡があり
どういう縁で本を
知ったんだろう・・・??
と話しておりましたら

なんと ご本人から
是非 この目で確かめたい!

とのことで連絡があり
すぐに飛んでいらっしゃいました。


このすごい行動力の持ち主は
青森で訪問リハビリをされている
理学療法士の中野さんです。


お知り合いから
「奇跡の復活」を進められ
読んでみると 目から鱗だったそうです。

熱心に話を聞いていかれ

「自分の直感を信じて行動して
岐阜まできて本当によかった」


「さっそく実践したいので
明日からの仕事がたのしみでなりません」


と帰宅後すぐにメールをくださいました。



将来的には
青森でも堀尾の方法での
リハビリを広めたいそうで

「勝手に自称弟子入り第一号」
になりました!

とのことでした^^


青森での堀尾の講演会も企画
したいそうで
建築の仕事をしていた時のように
日本中あっちこっちおじゃますることに
なりそうな予感です・・・






脳卒中の麻痺からのリハビリ教室 『器が満タンになるとき』

毎日の訓練は
器に一滴ずつ
液体を溜めていくようなものです。

一滴溜めるには
何千回、何万回と
脳から指令を送ります。























昨日と今日と
どれだけ増えたか
ほとんどわかりません。





でも、しばらくして
振り返ってみると


確かに増えています。








それが
あるとき一杯になった瞬間







歩けるように
なるのです!!




















今、一生懸命取り組んで
いらっしゃるみなさんへ、
佐藤一斎さんのことばを・・・











2015年5月3日日曜日

脳卒中の麻痺からのリハビリ教室『自身の努力が誰かの力になる』

 みなさん目標をもって
訓練されています。

豊田からいらっしゃるIさんも
5月の某日大切な日を控え
奥様とともに練習に励んでいます。

そして 先週から手すりを持たずに
歩く段階に入りました。

元のかっこいいご主人の姿に
戻ってもらいたい奥様は
歩く姿勢のチェックに余念がありません。



Iさんはご自身のために必死に
努力されていると思います。



そして、その努力が
他の人の力になっていっているのです。



以前のIさんと今日のIさんの
様子をみたTさんは

「今日のIさんを見てたら、自分も
歩けるようになる気がしてきました」

と帰り際に話してくださいました。


堀尾を見てると
あまりにも普通の状態なので
リハビリにいらっしゃるかたは

「ほりおさんは特別で
元にもどったけど
自分には無理かもしれない・・・」

と感じてしまう方もいらっしゃるでしょう・・・。


でも、自分と同じ、いやもっと大変な
状況だったひとが
改善していく姿は
ものすごい力を与えてくれるのですね。


この「じぶんも元のように歩けるようになるかも・・・」を
体感しにきてみてください。



脳卒中の麻痺からのリハビリ教室『教室有料化のお知らせ』

ボランティアでのリハビリ教室を終了し
平成27年4月より
有料化とさせていただいております。

毎週火・水・金・土の
10時~16時まで
岐阜県中津川市のちこり村にて
行っています。

堀尾自身が考えたリハビリが
実際に他の方にも効果があるのか・・・

実験的にノウハウを伝授してきた結果
これは他のかたでも、
時間が経過したかたでも
効果がある。という
確信を得ることができました。

しかし、無料というのは良い反面
教える側も習う側も
甘えが出てしまう気がしました。

教室に来たときはやるけど
家に帰れば やっぱり楽なほうがいい・・・

従来のリハビリも継続しながら
行けるときに行く・・・

これではなかなか進歩しません。

お金を払うことによって
貪欲にリハビリに励んで欲しいと
願っています。

そして我々も
いままで以上に向上できるよう努めていきたいです。


毎週木曜日は無料相談の日です。

「こんな状態だけれども、わたしも改善するのだろうか」

「知り合いで大変な思いをしている人がいるけど
連れてきてもいいですか」

「見学だけでもできますか?」

などお気軽にご連絡ください。

堀尾携帯090-3309-2352