2014年6月9日月曜日

堀尾 憲市 脳出血の麻痺からのリハビリ教室


我が社の社長
堀尾 憲市は2013年の
2月1日に脳出血で倒れ
救急車で搬送されました。

一時は集中治療室で過ごし
命の危険もある状態でしたが
数日後、一般病棟に移され
安定した状態になりました。

しかし、今までの社長とはまったくの
別人でしたし、左半身の
感覚が全くない。との
ことでした。

お医者さんにも
車の運転はもう無理でしょう・・・と
言われていました。
本人も
一年かけて、トイレには
自分で行けるようになりたい。と
話していました。

それが、自身で試行錯誤しながら
リハビリをした結果
40日で自分で歩けるまで
回復し、今では
重いものはもてないものの
建築現場の仕事も出来るまでに
なりました。


このリハビリの方法
同じ病気の人に伝えたい!
との思いを語っていたら
中津川市の(株)サラダコスモ社長
中田氏が共感してくださり
ちこり村という施設の一室を
教室の場所として提供してくださいました。



毎週水曜と土曜の13時半から行っています。


どなたでも参加できますし
予約もいりません。
(2020年現在 ちこり村での教室は
行っておりません。宮古島での
教室(有料)になります。
詳しい内容については
ホームページにてご確認ください
↓ ↓ ↓
「復活の会」ホームページ 
問合せ:堀尾携帯090-3309-2352まで)


種も仕掛けもないとってもシンプルな
方法です。
でも、効果はあります。

私は真理はシンプルなものの
中にある。と思っています。



実際のリハビリ教室の様子はこちら
↓ ↓ ↓
『Hさんも歩けたよ』





社長を見ていて気が付いたのは
島根県の現場にて
現実(運命といっていいかもしれない)は
受け入れたり 嘆いたりするものではなく
創りだすものなんだということです。

もう、現場の仕事はもちろん


くるまを運転することもできません
といわれた現実。

左半身が全く動かないという現実
これを受け入れず
絶対また歩いてみせる!
強く思ったそうです。

そうして、脚立に登って仕事
出来るまでになりました。

また、この回復する方法を他の方にも
教えてあげたい。と願っていたら
中田社長と出会い
応援していただける
ことになりました。

「この経験を本にしたらいいのに」
といわれ
生まれて初めて体験記を書きました。
本といっても自宅の
プリンターで印刷して
ホチキスで留めたものです。
(現在出版にむけて準備中)

これが人から人へ渡ってゆき
埼玉の方から
「今、本を読み終えた者ですが
感動しました!!」と興奮した様子で
電話が掛かってきたりしています。

社長は若いときから
『ひとの幸せに係わることをしたい!』
と思い続けていたそうです。

それが 脳出血という経験を経て
がかなったと
第二の人生、充実した時間をすごしています。


追記

その後 2014年12月に念願の本が出版されました


出版された際のブログはこちらから
↓ ↓ ↓
「脳卒中の麻痺からのリハビリ教室」



堀尾 憲市著 『奇跡の復活』です。


脳卒中で倒れてから完全復活するまでの体験記です。
読んでいただくと 麻痺からの復活の過程
だけではなく “人間” というもののすばらしさを
再発見するかもしれません。

また、脳卒中になっていない方でも
なぜか力が湧いてきて 明日から
頑張れる気がしてくるのです。

病気になったご本人

介護の大変さで押しつぶされそうな方

いつか自分も脳卒中になるのではないか
と漠然とした不安を抱えているかた

希望という光を見つけることができると
思います。


どなたにも一読の価値がある本です。


しかし


堀尾だけがたまたま運がよかったんだ

そんな簡単に治るはずがない
疑い深いかたは(笑)


ちこり村での復活教室に参加された
いろいろな症状の方の 復活の様子が描かれた

続『奇跡の復活』
堀尾 憲市著『麻痺は治る』

も併せて読まれることを
おすすめします。


私は近くで見ていて一番感じたことは
麻痺になった方は一刻も早く
正しい方法で訓練を始めていただきたい
ということです。


もちろん、何年も何十年も経ったかたでも
程度の差はあれ、回復するのをこの目で
見てきましたが 
まっさらな状態で堀尾式のリハビリを開始するのと
癖がついた状態からリハビリを開始するのでは
訓練にかかる時間も努力も雲泥の差です。

ですから脳卒中で倒れてしまう前から
このような回復する方法があるのを
知識として知っていれば
一般的なリハビリで装具を付けることによる
弊害を受けずに回復することができます。

そうすれば その後の人生絶望と一緒に
生きていく必要がなくなるのです。

拙い文章ですが

少しでも多くの方にこの情報が伝われば
幸いです。


追記2


堀尾 憲市 「復活の会」ホームページできました。
活動の近況はこちらでご確認ください。














1 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

素晴らしいですね。